安心・安全が第一

白い壁の部屋

手すりの取り付けには十万円程度かかります。

手すりの取り付けにかかる費用は、手すりの種類や取り付ける場所などによって変わってきます。 階段に取り付ける場合では、手すりの価格がだいたい一万円から五万円程度となります。それに加えて工事代などがかかるため、十万円程度は見積もっておく必要があるでしょう。 次に浴室に取り付ける場合ですが、こちらの方が階段に比べて手すりが短いため、手すりの単価は安くなります。一つにつき数千円から一万円台が平均的な価格です。それに工事代を加えて、だいたい五万円から十万円程度が相場といえます。 その他では、玄関や廊下など手すりを取り付ける必要が生じうる場所は、多岐にわたります。それぞれ平均的な相場は異なるので、業者とよく相談して納得できる価格で工事してもらうようにしましょう。

介護保険が適用されます。

現在は高齢化社会と呼ばれ、介護保険の制度も充実してきています。介護用に住宅改修する場合も、保険給付の対象となっています。そのため、要介護や要支援認定を受けている方のために手すりを取り付ける場合には、介護保険の給付を受けることができるのです。 給付内容は、住宅改修費用の九割です。ただし、限度額は二十万円までとなります。介護保険を利用することで、自己負担は最大一割にまで抑えられるのです。 給付を受けるには、市町村へ住宅改修をする旨を申請します。その後の審査を経て、申請が通れば給付を受けることができます。日常生活を送る上で住宅改修が必要不可欠だが、工事費が気になるという場合には、介護保険が強い味方となってくれます。